京都バイオサイクルプロジェクトとは

 当プロジェクトは、平成19年〜21年の3年にわたり、環境省「地球温暖化対策技術開発事業」として行った受託研究です。京都市廃食用油燃料化事業を核とし、必要資材のグリーン化をはかり、また副産物の循環利用を行うことで地球温暖化の抑制効果を相乗的に上げることを企図しました。具体的には、地域特有のバイオマス活用物資の利用、ならびに、エネルギー回収技術の統合システム構築の2つを事業の柱としております。
 その後、このプロジェクトの発展形として、農林水産省「緑と水の環境技術革命プロジェクト」(平成22年度)としての実証事業、環境省「高濃度バイオ燃料実証事業」(平成21〜23年度)、車両適合性のある第二世代バイオディーゼル燃料利活用に向けた技術開発研究(平成24〜26年度)など、実用化に向けてさらなる活動を続けています。


京都バイオサイクルプロジェクトの全体像
(画像をクリックすると別画面にて拡大表示します)




● ガス化メタノール合成技術を紹介した動画はこちら

● 高効率メタン発酵技術を紹介した動画(日本版)はこちら
● 高効率メタン発酵技術を紹介した動画(英語版)はこちら


Whats New


NEW

2015.09
車両適合性のある第二世代バイオディーゼル燃料利活用に向けた技術開発
研究」の調査研究結果の概要(平成26年度)のページを追加しました。
2014.08
車両適合性のある第二世代バイオディーゼル燃料利活用に向けた技術開発
研究」の調査研究結果の概要(平成25年度)のページを追加しました。
2013.04
車両適合性のある第二世代バイオディーゼル燃料利活用に向けた技術開発
研究
」ページを追加しました。
2011.11
農林水産省「緑と水の環境技術革命プロジェクト」ページを追加しました。

2011.11
環境省「高濃度バイオ燃料実証事業」ページを追加しました。


Copyright © Kyoto Biocycle Project. All Rights Reserved.